中之条町主催『ガーデニングアカデミー』

中之条町主催のガーデニングアカデミーに参加して来ました。

講師は、あしかがフラワーパークの大藤を全国に知らしめた樹木医の 『塚本こなみ』先生。

 

現在は浜松フラワーパークの園長であり、中之条町花の駅美野原リニューアル改修工事のプロデュースも手がけていらっしゃいます。

 

パワーポイントの画像なので、綺麗に写っていませんが

虹をイメージしたチューリップの植え込み

 

大藤

 

圧巻の美しさです。

 

庭を作る時は、100人のうち51人の人に『素敵!』と思ってもらえるように作るのだとおっしゃっていましたが、この庭を見て感動しない人はいないのでは無いでしょうか?

 

植物が成長した姿を想像して、必要な根張りスペースを取って植栽を行うので、植物も充分に成長し、元気に美しく咲いてくれるのだと思います。

 

『庭は永遠の未完成なので、常に気にかけて手入れを行う必要がある』

また、『一軒一軒の庭先を綺麗にすることが町の景観作りの一環になる』

・・・ともおっしゃっていました。

一つ一つの言葉に説得力がありますね。

 

「花と緑のぐんまづくりふるキラフェスティバル2015」の会場となった中之条町「花の駅美野原」では、春には多くの花々が咲き誇ります。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

Published 2018/01/24 -Wrote-