那須 コピスガーデン

週末を利用して

栃木県那須町のコピスガーデンに行ってきました。

「コピス」とは、英語で「雑木林」を意味するのだそう。

その名の通り緑いっぱいのお庭です。

入口から、こんな可愛らしい設えで出迎えてくれます。

 

 

庭には池があり、ここにもアイアンのアヒルの親子が・・・(*^_^*)

あいにくの雨模様でしたが

季節外れのアジサイも緑に映えて・・・。

庭中が、花や緑を楽しむためのツールであふれています。

 

ちょうど季節は端境期。

緑あふれる風景も、それはそれで素敵ですが

 

春にはこんな景色に出会えるそう。

溢れるほどの薔薇と本物の『アヒル』さんに会いたい方は、

春の庭に是非どうぞ。

 

 

ショップには

多肉や雑貨がおしゃれにちりばめられて・・・。

クオリティが高く、なおかつリーズナブルな小物が山のように積まれています。

右を見ても左を見ても素敵がいっぱいで

気がついた時には、両手にお気に入りを握りしめてレジに向かっていました。

育てやすくて人気のリプサリスもいっぱい!

大型サボテンとアガベのフォルムがとても魅力的で

思わず家に連れて帰りそうになりました。

 

時間が無くて立ち寄れませんでしたが、こじゃれたカフェもあり

寄せ植えやハーバリウムなどの体験も出来るようです。

 

庭もショップも素敵が溢れるコピスガーデン。

那須に行く機会があれば是非お立ち寄り下さい。

 

Published 2018/09/05 -Wrote-

憧れの大菊づくり

少しも興味が無かったのに

ある日突然、夢中になることってありませんか?

 

ほんの小さなきっかけで。

 

例えば、それはあたりまえの日常に

ふいに飛び込んできた一瞬の風景だったりするわけですが

私の場合、それは叔母の家で見た『大菊の花』でした。

 

 

叔母が丹精込めて育てた大菊は

華やかで、凛と気高く

気圧されるような迫力に満ちていました。

 

自分にも出来るだろうか?

こんな凛とした花を咲かせられるだろうか?

 

・・・たいした問答もせずに

えいっと勢いをつけて飛び込んだ『菊』の世界は

思った以上に過酷で

この猛暑の夏に、鉢替えや整枝や朝晩の水やりを強要してきます。

 

 

でも

こんな小さな苗が

毎日少しづつ大きくなり

夏の暑さにもへこたれず成長して

秋にはきっと大きな花を咲かせてくれるかと思うと

それだけで胸が躍ります。

 

ガーデニングと言うには少し異質ですが

育てる喜びを味わうには『菊』は最適かもしれません。

 

教室で習い始めて1年足らず。

図らずも夢中になってしまった大菊づくり。

とりあえず11月の開花まで、頑張って育ててみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Published 2018/08/30 -Wrote-

秋の花緑体験教室 現在参加者募集中です!

花と緑のぐんまづくり2018in吉岡の続編として

花緑体験教室の開催が決定しました。

 

日程は平成30年9月8日(土)

会場は道の駅よしおか温泉特設会場です。

 

今回のメニューは

①寄せ植えプランター教室 [9:00~11:00]定員20名 参加費500円/1人

②カラーサンド教室   [11:00~13:00]定員20名 参加費1,500円/1人

③ハンギングバスケット教室[13:00~15:00]定員16名 参加費1,500円/1人(容器を持参のこと)

④ハーバリウム教室[15:00~17:00]定員20名 参加費1,000円/1人

・・・の4教室!

定番の寄せ植え教室、ハンギングバスケット教室に加え、今話題のハーバリウムやカラーサンド教室が新たに加わりました。

魅力的ですね!

 

今回のハンギングバスケット教室は

春のコンテストの受賞者(有資格者)に講師をお願いしているので

綺麗に植え込むコツを手取り足取り教えてもらえるはず。

 

こんなチャンスは滅多にありませんので

是非お申し込み下さい。

 

 

申込先 渋川土木事務所 企画調査係

申込書に必要事項を記載して FAX(0279-23-9280)でお送り下さい。

 

なお、募集期間は8月27日(月)午後3時までですが

定員になり次第締め切りとなりますのでご了承下さい。

 

酷暑の夏が続きましたが

まもなく秋のガーデニングシーズンが到来します。

花好きの皆様。お申し込みをお急ぎ下さいね。

 

 

Published 2018/08/23 -Wrote-

中之条町 二つの庭へ ~②中之条ガーデンズ~

中之条町の二つの庭

後編は中之条ガーデンズです。

 

以前の『花の駅美野原』では、所在がはっきりしないということで、

中之条を冠したこの名称に新たに変更したとのこと。

ずっと以前からの名前のように、この庭にしっくり馴染んでいます。

 

 

 

花と緑のぐんまづくりin中之条~ふるさとキラキラフェスティバルの会場にもなったこの場所は
数年をかけて素晴らしい変貌を遂げています。

 

塚本こなみ先生や吉谷桂子先生といった一流のガーデナーさんのプロデュースに依ることはもちろんですが、
美しさを維持する為の、中之条町の皆さんの懸命な努力が、この庭のクオリティを高めていることは間違いありません。

 

庭のどの角度からでも目に入る
スパイラルガーデンの周りを埋め尽くす植栽は
春は菜の花の黄色
そしてこの時期はアゲラタムの青紫

より自然に見えるように…というガーデナーさんの思いで、わざとランダムに植え込んでいる為、雑草の処理は全て手作業で行われているとのこと。
ご苦労に頭が下がりました。

 

 

7月の全国花のまちづくり大会を機に一般公開となったローズガーデンは、
バラの植栽で定評のある河合伸志先生と

空間デザイナーの吉谷博光先生のタッグで生み出されたもの。

都会的な和の設えや
ガーデンの景色を切り取ってギャラリーのように見せる手法に
思わず歓声を上げてしまいました。

 

こんな真夏でも、バラも美しい。

 

水を使った演出が、涼を呼びます。

 

 

 

ローズガーデンを抜けてスパイラルガーデンに

 

渦巻の中心に行くほど濃くなる花の植栽は、美しさと力強さを兼ね備えて

 

 

息苦しさを覚えて気がつくと
どうやら息を止めて見入っていたようです。

 

圧巻でした。

 

中之条ガーデンズは
この後いくつかの庭を増やして
数年後の完成を目標としているそうです。

 

 

中之条町のふたつの庭は、
どちらも無料でご覧いただけます。

是非一度お出かけください。

Published 2018/08/21 -Wrote-

中之条町 二つの庭へ ~①中之条山の上庭園~

第24回全国花のまちづくり大会の会場となった中之条町。

町のキャッチフレーズが『花と湯の町なかのじょう』とあって

花によるまちづくりを実践しています。

チャツボミゴケやラムサール条約湿地登録を果たした『芳ケ平湿地群」も有名ですが 

なんと言ってもお勧めは、2018年4月に名称を新たにした二つの庭

『中之条ガーデンズ』(旧花の駅美野原)と『中之条山の上庭園』(旧花の駅花楽の里)

週末を利用してこの二つの庭を回ってきましたのでご紹介します。

 

暑さをしのぐ目的もあって、まずは山の上からスタートすることにしました。

 

標高1000mの場所にある『中之条山の上庭園』アサギマダラの飛来地としても有名です。

 

斜面を覆い尽くすハーブ中心のナチュラルガーデン。

自然と調和した植栽は息をのむ美しさです。

奥で咲き誇るのはベロニカストラム、右側手前のピンク色はエキナセア。

 

アキレアやフロックス。

 

オレンジ色のヘメロカリスも彩りに幅と深みを添えています。

 

 

もう少し季節が進めば

アサギマダラが大好きなフジバカマ(ユーパトリウム)の群生もみられるそう。

まさにターシャ・テューダーの世界観(*^_^*)ですね。

山の上でこれほど素敵な庭に出会えるとは思いませんでした。

感動です!

 

庭を観賞した後またまたびっくり!

色とりどりのアートフラワーと

つるや木の皮、花の実や流木・・・といった周辺で集められた自然素材が取りそろえられたショップでは

リースやハーバリウムの製作体験も出来ます。

素敵なリースが沢山ディスプレイされていて、体験せずにはいられない感じです。

資材も豊富で自分でチョイスできるので

自分の家にあったリースを作れますね。

 

ショップの奥にはギャラリーもありました。

設えに趣があって見入ってしまいました。

地域の伝統工芸もさりげなく取り入れられています。

 

 

「中之条山の上庭園」は11月中旬まで楽しめるそうです。

山の上までちょっと距離がありますが

ドライブがてら是非お出かけください。お勧めです!

 

 

 

 

 

 

Published 2018/07/30 -Wrote-

マイナスイオンを求めて

週末を利用して長野県の戸隠神社に行って来ました。

 

遠い神世の昔「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、

「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしているという戸隠神社。

開運、心願成就、五穀豊熟、スポーツ必勝などの御神徳が全国に広宣され

多くの崇敬者が登拝されているそうです。

 

 

奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社がありますが

時間も体力も無かったので(^^;)

車を奥社入り口に置いて戸隠神社目指してスタートしました。

 

神社までの道のりは約2キロ。

奥社から神社まで延々とまっすぐな参道が続きます。

 

中腹までは 緩やかな上り坂。

一面の緑の中で白いオニシモツケソウの花が彩りを添えて,美しい。

 

中程には萱葺きの赤い随神門があり、

 

その先は天然記念物にも指定されている樹齢約400年を超える杉並木が続いています。

 

 

中腹から急に道幅が狭くなり、階段が増え、

挫けそうになりながらも御利益を求めて歩みを進めました。

 

途中、狛犬に励まされながら

ついに到着!

 

 

所要時間は25分でしたが、2時間くらい歩いた気分でした(^^;)

随所に祠や瀧があり

マイナスイオンが満ちあふれています。

 

 

 

隣県までのショートトリップ。

日帰りでも充分行ってこられる距離です。

森林浴で心身共にリフレッシュしてみては如何でしょうか?

 

 

 

Published 2018/07/09 -Wrote-

コンテスト結果

前橋市今井町の『フラワーガーデン泉』さんを会場に開催された

日本ハンギングバスケット協会群馬支部主催のハンギングバスケットコンテスト!

お客さんの投票で選ばれた上位3作品をご紹介します♪

 

ゴールド賞 「涼しげなレディー」

 

シルバー賞 「涼風の贈り物」

ブロンズ賞「ウクレレデュオ レモンに贈る応援花」

 

涼しげなブルーや白の花をメインにして

形も丸く美しく仕上げられていますね。

素敵です。

 

暑さでガーデニングから遠ざかりがちですが

こんなハンギングバスケットが玄関先にあれば

疲れた日常に癒やしを与えてくれそうです。

 

フラワーガーデン泉さんでは

ハンギングバスケットや寄せ植え等の園芸教室も開催しています。

興味のある方はお店のホームページをご確認ください。

 

 

Published 2018/07/03 -Wrote-

涼を呼ぶ白い花

長引くとみられていた梅雨があっという間にあけて

群馬県内でも35度以上の猛暑が続いています。

 

こんな時は白い花が涼しさを運んできますね。

今の時期、目に飛び込んでくる白い紫陽花『アナベル』は

美しいだけでなく、強靱な性質で生育も旺盛なため

県内のあらゆる場所で植栽されています。

 

渋川伊香保インター付近に群生しているアナベルのあまりの美しさに

目を奪われたことがある方も多いのではないでしょうか?

7月末には翌年の花芽が付く他の紫陽花と違い、

春先に花芽が付くアナベルは冬の初めに地際まで刈り込んでも

毎年この時期には綺麗な花を咲かせてくれる優秀選手です。

ガーデニング初心者向けの花なので家に植える花としてもお勧めです。

 

水が大好きな性質で、狭い根鉢のままではすぐに水切れをおこすので

苗を購入する際は大きめの鉢や庭に直植えしてあげてくださいね。

 

 

この暑さの中で,さすがのアナベルも元気がありませんが

県内北部ならまだまだ綺麗な姿が見られます。

 

渋川市金井にある『渋川スカイランドパーク』(渋川市金井2843-3)では

現在『あじさいアナベル祭り』が開催されています。

遊園地とアナベルのコラボレーション!

インスタ映えしそうですね。

期間は7/16(月)までで,園内で育てたアナベルの苗の販売(入園者のみ)もあるそうです。

ご家族で出かけてみてはいかがでしょうか?

 

Published 2018/07/03 -Wrote-

おすすめ!地域の物産市in群馬県庁

群馬県庁1階の県民ホールは

県民の皆様のための色々な企画・展示に活用されています。

今週末に開催されるのは「地域の物産市」(会場:県庁1階県民ホール(北))

 

玉村町福嶋屋の生ロールケーキをはじめとした

群馬県民なら誰もが愛してやまないスィーツや

農水産加工品、お弁当販売店などが軒を連ね、皆様のお越しをお待ちしています。

 

 

物産市は7/1(日)~4日(水)10:00~18:30の開催となりますが

ググッとぐんま観光キャンペーンオープニングイベントが併催される初日(7/1)

ステージイベントや県庁前(屋外)イベント等の企画が満載です!

どなたでも楽しんでいただけるような内容ですので

この機会に是非群馬県庁にお越しください。

 

 

Published 2018/06/28 -Wrote-

ハンギングバスケットコンテスト情報

前回のぐんまフラワーパークに続きまたまたコンテスト情報です。

 

日本ハンギングバスケット協会群馬県支部主催のハンギングバスケットコンテストが

「フラワーガーデン泉」さんの協力を得て今週末から開催されます。

期間は6/30(土)~7月3日(火)の4日間

フラワーガーデン泉さん(群馬県前橋市今井町165-4)が会場です。

 

このコンテストは、

日本ハンギングバスケット協会群馬支部がハンギングバスケットの啓蒙と

ハンギングバスケットマスター会員の技術の向上を目的に開催するもので

6/29(金)は出品者の約半数が

デモンストレーションを兼ねてイベントホールで作品を作成するとのこと!

コンテスト作品はサイズの大きい、華やかなハンギングバスケットが要求されるため高い技術が必要となります。

 

花と緑のぐんまづくりin吉岡~ふるさとキラキラフェスティバル~のコンテスト作品も

どれも迫力があり素晴らしかったですね。

     (群馬県知事賞作品)        (吉岡町長賞作品)

 

見学は自由なので、植え込みに興味がある方はイベントホールを覗いてみてはいかがでしょうか?

 

また、コンテストは来場者の投票で入賞が決まるシステムで

投票していただいた方全員に『花苗」のプレゼントがあるそうなので

是非会場でお気に入りに一票を投じてください。

投票期間は6月30日(土)10:00~15:00と7/1(日)10:00~12:00です。

期間が限られているのでピンポイントでお出かけくださいね。

 

 

群馬県内でもその名が高い『フラワーガーデン泉』さん。

苗のクオリティも高く,雑貨なども充実しています。

「ふるさとキラキラサポーターズクラブ」のサポーターズショップにもなっていただいて

サポーターズ会員の皆様はショップでのお買い物時にポイントを2倍にしていただけますので

お出かけの際は「ふるキラパスポート」を忘れずにお持ちください。

 

コンテストの様子は後日また御報告します!

 

 

 

 

Published 2018/06/28 -Wrote-