マイナスイオンを求めて

週末を利用して長野県の戸隠神社に行って来ました。

 

遠い神世の昔「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、

「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしているという戸隠神社。

開運、心願成就、五穀豊熟、スポーツ必勝などの御神徳が全国に広宣され

多くの崇敬者が登拝されているそうです。

 

 

奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社がありますが

時間も体力も無かったので(^^;)

車を奥社入り口に置いて戸隠神社目指してスタートしました。

 

神社までの道のりは約2キロ。

奥社から神社まで延々とまっすぐな参道が続きます。

 

中腹までは 緩やかな上り坂。

一面の緑の中で白いオニシモツケソウの花が彩りを添えて,美しい。

 

中程には萱葺きの赤い随神門があり、

 

その先は天然記念物にも指定されている樹齢約400年を超える杉並木が続いています。

 

 

中腹から急に道幅が狭くなり、階段が増え、

挫けそうになりながらも御利益を求めて歩みを進めました。

 

途中、狛犬に励まされながら

ついに到着!

 

 

所要時間は25分でしたが、2時間くらい歩いた気分でした(^^;)

随所に祠や瀧があり

マイナスイオンが満ちあふれています。

 

 

 

隣県までのショートトリップ。

日帰りでも充分行ってこられる距離です。

森林浴で心身共にリフレッシュしてみては如何でしょうか?

 

 

 

Published 2018/07/09 -Wrote-