中之条町 二つの庭へ ~①中之条山の上庭園~

第24回全国花のまちづくり大会の会場となった中之条町。

町のキャッチフレーズが『花と湯の町なかのじょう』とあって

花によるまちづくりを実践しています。

チャツボミゴケやラムサール条約湿地登録を果たした『芳ケ平湿地群」も有名ですが 

なんと言ってもお勧めは、2018年4月に名称を新たにした二つの庭

『中之条ガーデンズ』(旧花の駅美野原)と『中之条山の上庭園』(旧花の駅花楽の里)

週末を利用してこの二つの庭を回ってきましたのでご紹介します。

 

暑さをしのぐ目的もあって、まずは山の上からスタートすることにしました。

 

標高1000mの場所にある『中之条山の上庭園』アサギマダラの飛来地としても有名です。

 

斜面を覆い尽くすハーブ中心のナチュラルガーデン。

自然と調和した植栽は息をのむ美しさです。

奥で咲き誇るのはベロニカストラム、右側手前のピンク色はエキナセア。

 

アキレアやフロックス。

 

オレンジ色のヘメロカリスも彩りに幅と深みを添えています。

 

 

もう少し季節が進めば

アサギマダラが大好きなフジバカマ(ユーパトリウム)の群生もみられるそう。

まさにターシャ・テューダーの世界観(*^_^*)ですね。

山の上でこれほど素敵な庭に出会えるとは思いませんでした。

感動です!

 

庭を観賞した後またまたびっくり!

色とりどりのアートフラワーと

つるや木の皮、花の実や流木・・・といった周辺で集められた自然素材が取りそろえられたショップでは

リースやハーバリウムの製作体験も出来ます。

素敵なリースが沢山ディスプレイされていて、体験せずにはいられない感じです。

資材も豊富で自分でチョイスできるので

自分の家にあったリースを作れますね。

 

ショップの奥にはギャラリーもありました。

設えに趣があって見入ってしまいました。

地域の伝統工芸もさりげなく取り入れられています。

 

 

「中之条山の上庭園」は11月中旬まで楽しめるそうです。

山の上までちょっと距離がありますが

ドライブがてら是非お出かけください。お勧めです!

 

 

 

 

 

 

Published 2018/07/30 -Wrote-

マイナスイオンを求めて

週末を利用して長野県の戸隠神社に行って来ました。

 

遠い神世の昔「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、

「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしているという戸隠神社。

開運、心願成就、五穀豊熟、スポーツ必勝などの御神徳が全国に広宣され

多くの崇敬者が登拝されているそうです。

 

 

奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社がありますが

時間も体力も無かったので(^^;)

車を奥社入り口に置いて戸隠神社目指してスタートしました。

 

神社までの道のりは約2キロ。

奥社から神社まで延々とまっすぐな参道が続きます。

 

中腹までは 緩やかな上り坂。

一面の緑の中で白いオニシモツケソウの花が彩りを添えて,美しい。

 

中程には萱葺きの赤い随神門があり、

 

その先は天然記念物にも指定されている樹齢約400年を超える杉並木が続いています。

 

 

中腹から急に道幅が狭くなり、階段が増え、

挫けそうになりながらも御利益を求めて歩みを進めました。

 

途中、狛犬に励まされながら

ついに到着!

 

 

所要時間は25分でしたが、2時間くらい歩いた気分でした(^^;)

随所に祠や瀧があり

マイナスイオンが満ちあふれています。

 

 

 

隣県までのショートトリップ。

日帰りでも充分行ってこられる距離です。

森林浴で心身共にリフレッシュしてみては如何でしょうか?

 

 

 

Published 2018/07/09 -Wrote-

コンテスト結果

前橋市今井町の『フラワーガーデン泉』さんを会場に開催された

日本ハンギングバスケット協会群馬支部主催のハンギングバスケットコンテスト!

お客さんの投票で選ばれた上位3作品をご紹介します♪

 

ゴールド賞 「涼しげなレディー」

 

シルバー賞 「涼風の贈り物」

ブロンズ賞「ウクレレデュオ レモンに贈る応援花」

 

涼しげなブルーや白の花をメインにして

形も丸く美しく仕上げられていますね。

素敵です。

 

暑さでガーデニングから遠ざかりがちですが

こんなハンギングバスケットが玄関先にあれば

疲れた日常に癒やしを与えてくれそうです。

 

フラワーガーデン泉さんでは

ハンギングバスケットや寄せ植え等の園芸教室も開催しています。

興味のある方はお店のホームページをご確認ください。

 

 

Published 2018/07/03 -Wrote-

涼を呼ぶ白い花

長引くとみられていた梅雨があっという間にあけて

群馬県内でも35度以上の猛暑が続いています。

 

こんな時は白い花が涼しさを運んできますね。

今の時期、目に飛び込んでくる白い紫陽花『アナベル』は

美しいだけでなく、強靱な性質で生育も旺盛なため

県内のあらゆる場所で植栽されています。

 

渋川伊香保インター付近に群生しているアナベルのあまりの美しさに

目を奪われたことがある方も多いのではないでしょうか?

7月末には翌年の花芽が付く他の紫陽花と違い、

春先に花芽が付くアナベルは冬の初めに地際まで刈り込んでも

毎年この時期には綺麗な花を咲かせてくれる優秀選手です。

ガーデニング初心者向けの花なので家に植える花としてもお勧めです。

 

水が大好きな性質で、狭い根鉢のままではすぐに水切れをおこすので

苗を購入する際は大きめの鉢や庭に直植えしてあげてくださいね。

 

 

この暑さの中で,さすがのアナベルも元気がありませんが

県内北部ならまだまだ綺麗な姿が見られます。

 

渋川市金井にある『渋川スカイランドパーク』(渋川市金井2843-3)では

現在『あじさいアナベル祭り』が開催されています。

遊園地とアナベルのコラボレーション!

インスタ映えしそうですね。

期間は7/16(月)までで,園内で育てたアナベルの苗の販売(入園者のみ)もあるそうです。

ご家族で出かけてみてはいかがでしょうか?

 

Published 2018/07/03 -Wrote-