ガーデンロスの解消に・・・。

寒い日が続きますね。

ガーデニング愛好家にとって真冬のこの時期はまさに『手も足も出ない』状況です。

 

冬の唯一の彩りであるパンジーも極力地面に縮こまって、寒さに耐えている様子。

暖かい家の中に入れてあげたいところですが、そんな事をしたら途端に茎が徒長して、ヒヨヒヨした弱い子になってしまいます。

春に沢山の花をつける良い苗にするためには、甘やかさずに寒さに耐えさせて、冬のこの時期にしっかりと根をはらせることが大切なんです。

 

どこか子育てに似ていますね。

 

植物と違い、我々人間は寒さでダメージを受ける生き物です。

風邪をひいては元も子もありません。

みなさま。

どうぞご無理をされませんように!

 

 

我家では、秋に寄せ植えを作った際にポロっと取れた多肉の葉っぱから、赤ちゃん多肉がたくさん生まれました!

            (親はこちら↑)

薄くひいた土の上に並べて、たまに霧吹きで軽く水をかけてあげるだけ。

上野のパンダのように、小さくてもちゃんと親と同じ形をしています。

            

         (赤ちゃん多肉はこちら↑)

ゆっくり、じっくり成長していくその姿に癒されまくりです。

 

難しい事はありません。コツはただ

『待って』あげる事と

『いつも気にかけて』あげる事。

いつまでも芽を出さないからと霧吹きを怠ると、気がついた時には干からびていたりするのでご用心!

葉の根元から芽と根が出てきます。(^_^)

冬のガーデニングロスの解消に、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

多肉は寒さに弱いので、冬の間は室内で管理してくださいね。

Published 2018/01/10 -Wrote-