景観講演会2014 その2 来てね~

そろそろ山の紅葉が、街へと移り始めましたね。

前回(10月9日)の景観講演会は、屋外広告物の専門家のお話でした。いかがでしたか?

前橋での第2回は11月25日(火)13時から、場所を前橋プラザ元気21に移して開催します。2部構成の盛りだくさんの内容となっています。

第1部は「フランスで進む眼と脚のデザイン -反walking poorの都市計画へ」というテーマで、首都大学東京准教授の鳥海 基樹さんのお話です。

何だかむずかしそうな、よくわからないテーマですねぇ。なぜフランス? 都市計画と反walking poorってどんな意味?

そう思ったあなたこそ、聞きにきてください!

フランスは、特にパリなどは、数百年前の町並みが今も変わらず保存され、多くの人が昔からのアパルトマンに住み、通勤・通学の所要時間も30分程度という距離で暮らしているそうです。そして日常に近い空間に、公園や劇場、市場などがあり、人々は余暇を楽しみ、心豊かな生活を送っているようです。では日本はどうでしょう。日本の都市はどんどん変化をし続け、10年前と全く変わらない街並みは数えるほどしかないかもしれません。東京や大阪などの大都市圏では、職場から家まで1、2時間かかるのは当たり前のような状況です。

バブル期を経験し、リーマンショックを経験しながら働いてきた人々の中には、自分の望んでいる暮らしとはどういうものなのか、そろそろ本物の豊かな人生を送りたいと思っている方が多いのではないでしょうか。

生活の便利さだけでなく、人々の心のゆとりや楽しさにも「都市デザイン」が欠かせないと鳥海さんは言っています。

これは聞かなくちゃ!ですね。

 

第2部は照明デザイナーである、角舘 まさひでさんによる「あかりからのまちづくり」です。

あかりとまちづくり? こちらもどんな関係があるのでしょう。

身近な例をあげると、桐生市錦町商店街では、老朽化したアーケードを撤去したことによって街灯が減り、まち全体が夜間に暗くなるという問題をかかえています。

ただ街灯を増やすだけでなく、地域にふさわしい街路照明の在り方からまちづくりを考えることがたいせつなのでしょうか。街の雰囲気に合った、温かみのある「あかり」。見つかったらすてきですね。

こちらも聞き逃すことのできない内容です。

どなたでも参加していただけます。もちろん入場無料です。お申し込みは電話、メール、FAXのいずれかでどうぞ。お待ちしています。詳しくはこちらでどうぞ。

Published 2014/10/31 -Wrote- hana

紅葉に染まる養蚕のふるさと

10月25日(土)   、群馬県観光物産国際協会主催のバスツアーに参加してみました。

 

   

ツアー名は「紅葉に染まる養蚕のふるさとを行く」というもので、古き良き日本の原風景にタイムスリップ!というテーマのツアーでした。行き先は旧六合村の「赤岩養蚕農家群」のほか、「縄文の里」「嬬恋郷土資料館」です。

赤岩では白砂川からの眺め(写真中央)が美しく、赤岩散策の拠点となる「赤岩ふれあい家」(写真右)でバスを降り、徒歩で見学をしました。

まずは1806年に建てられた「湯本家」を見学しました。湯本家は「六合赤岩養蚕農家群」のひとつです。養蚕の拡大のため、明治時代に3階建てに増築されたそうです。養蚕のほか、江戸時代からは医者も務めたそうで、薬草の標本がたくさん残っていました。また、幕末に、蘭学者である高野長英をかくまった部屋も残っていて、その部屋の建具の一部には「金唐紙」という金箔を貼った高級和紙(今は煤で真っ黒ですが・・)が使われていました。

 

 次は4階建ての「関家」を見学させていただきました。

現在は養蚕はされていないということでしたが、建物の中には養蚕に使う道具や、昔の雨具である「簔」がかけられていました。養蚕部屋からは美しい里山の風景が望めました。

赤岩の次は「縄文の里 笹見平」に行きました。

ここには、ボランティアの手によって作られた縄文の家があります。昼食は食べきれないほどの量に加え、嬬恋高原キャベツやトマトのサラダが食べ放題で、しばらく動けないくらい、おなかいっぱいになりました。

 

このあと、嬬恋郷土資料館に寄り、見学と勾玉作りを体験し、北軽井沢の農園でお買い物タイムとなりました。おじいさんからお孫さんまで一家総出で営んでいる農園のようで、観光バスが着くと「トイレを使いたい人はこっちですよ~」と5歳の女の子が案内をしてくれました。くまさんをおんぶしてお店番。とてもかわいい子でした。(ご家族の許可を得て撮影しました)

 

帰り道の車窓から見た妙義山も美しく、秋晴れの一日を堪能しました。

 

なお、群馬県観光物産国際協会では、訪問先は違いますが、「ぐんまの絹遺産と東国文化」というテーマでバスツアーを企画しています。今から間に合うのは4コースあります。

私が参加したツアーは昼食付きで2,000円でした! 

興味のある方は、こちらをご覧ください。おすすめです!!

 

Published 2014/10/27 -Wrote- hana

美しい花がいっぱい

今日、10月8日から、県庁1階で「ぐんま花とみどりいっぱいコンテスト」が始まりました。

 

まずは日本でもトップクラスの生産者が栽培した花々を使ったアレンジをどうぞ。

 

 

 

 

 

ひとつひとつの花が宝石のように美しいですね~

 

こちらは生活シーンに合わせた花の飾り方の提案です。この作品は、明日開催される「トップフローリストによるフラワーデザインコンテスト」の予選作品でもあります。

(写真はほんの一部です。クリックすると大きくなります。一部ピンボケがありますが、お許しを~)

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなアレンジ作品を家に飾れたら、どんなにステキでしょう。

 

次の作品は、寝たきりのお母様のために、ベランダの片隅に置くアレンジとのことです。

庭の花を摘んで生けてあるようです。

ベランダに置くことによって、自然な光と風を受ける花々に、お母様はどれほど癒やされることでしょう。やさしい気持ちが伝わってくる作品です。

 

 

かわいいブーケもありますよ。

(娘がこういうブーケを持って、いつかお嫁に行ってしまうことを考えるだけで涙、涙・・)

 

 

明日の午後3時からはいよいよ選考に残ったトップフローリストによるフラワーアレンジメントのデモンストレーションとファイナル審査が行われます。

また、「第63回群馬県花品評会」も同時開催中です。

ぜひ、会場に見に来てくださいね。

 

詳しくはこちらでどうぞ。

ぐんま花とみどりいっぱいコンテスト

第63回群馬県花品評会

 

Published 2014/10/08 -Wrote- hana

10月8日・9日は県庁へGO!!

10月8日(水)と9日(木)県庁1階が花でいっぱいになります!

 

トップフローリストによるフラワーアレンジメントは、ため息が出てしまうほどの華麗な手さばきです。この機会にぜひご覧ください。(9日15:00~)

また、家の中のちょっとしたスペースに花を飾りたいと思っても、なかなかセンス良くできないのよね・・と思っている方、必見!

県内の花屋さんやフラワー装飾技能士による、生活シーンに合わせた花の飾り方を展示した「お家の中の花飾り」で、すてきなヒントを見つけてくださいね~

 

 

 

Published 2014/10/06 -Wrote- hana