花と緑のぐんまづくり2011in渋川 ついにグランドフィナーレ!

 10月23日に「花と緑のぐんまづくり2011in渋川~ふるさとキラキラフェスティバル~のグランドフィナーレとなるクロージングセレモニーが開催されました。

 当日は天候が心配されたのですが、このイベントを象徴するようなさわやかな秋晴れの空のもと、イベント期間中、最も多くの皆様にご来場いただきました。

 大勢のお客様に見守られる中、始まったクロージングセレモニー。主催者、御来賓の挨拶をいただいた後、「花と緑のコンテスト」において群馬県知事賞を受賞された方への表彰式が行われ、受賞者3名の方に茂原群馬県副知事より表彰状と記念の楯が授与されました。

 花と緑のコンテストでは、ハンギングバスケット部門、コンテナガーデン部門、庭園出展部門の3部門において、県内外より54作品の出展をいただきました。
 皆様の心のこもった作品により、会場内がさらに美しくなり、多くのご来場者にお楽しみいただきました。
 御出展いただきました皆様、大変ありがとうございました。

 ハンギングバスケット群馬県知事賞作品コンテナガーデンコンテスト群馬県知事賞受賞作品庭園出展部門 群馬県知事賞受賞作品

続いて、ボランティアとして御協力いただいた方への感謝状の贈呈です。
渋川市長からボランティアの代表者4名の方に感謝状が贈呈されました。

感謝状贈呈式の様子

 今回のフェスティバルでは、会場飾花、花の管理、ステージイベント、出店など、様々なところで多くのボランティアの方に御協力いただきました。イベントが成功したのも、ボランティアの皆様の御協力があったからこそと思っています。本当にありがとうございました。

 続いて「花と緑のぐんまづくり楯引継式」です。
 県内の各都市をリレー形式で実施している本フェスティバル、これまでの開催市の名前を刻んだプレートも開催にあわせリレー形式で引き継がれます。
 引継式では、楯が今年度開催市である渋川市長から、群馬県副知事に、そして平成24年度開催市である前橋市副市長へと渡されました。
 この楯とともに、県民・市民総参加の本フェスティバルの理念が渋川市から前橋市へと継承されました。

 楯引継式

 最後は、皆様おまちかねのクロージングアトラクションです。
 アトラクションは、市民・県民総参加による本フェスティバルにふさわしく、地元渋川青翠高校の吹奏楽部と、伊香保を拠点に活躍されているポップス尺八奏者の昇平さんにより演奏から始まり、最後は、地元行幸田保育園の園児と、市内で活動しているコーラス団体の皆様、さらに次年度開催都市である前橋市出身のシンガーソングライター 小川マキさんによる合唱が行われました。
 最後の曲は、震災復興プロジェクトのテーマソングとして書き下ろされた「きずな」。
 会場にいらっしゃったお客様、御来賓、招待者、ボランティアの皆様、出店者の皆様、御協力いただいた団体・企業の皆様、スタッフなど全員による大合唱となりました。

クロージングアトラクションお客様の様子

 震災復興への思いをのせた「もみじメッセージ」の前で、会場内全員で歌ったこの歌声はきっと被災地へと届いたものと確信しています。
 多くの市民・県民の皆様の御協力により実施してきたこのフェスティバルの最後を飾るにふさわしいとても素敵なアトラクションになりました。

 今回のフェスティバルは、計74日間の開催期間にくわえ、準備期間を含めると1年以上の取り組みとなりました。 
 その間、本当に多くの皆様の御協力や御支援をいただいたことで、この日を迎えられたものと実感しております。今回のフェスティバルが無事に、盛況のうちに終えられたことに、渋川市民、群馬県民の底力を感じることができました。今後とも、この市民、県民の思いを、継続し、形にしていけるよう努力していきたい、いかなければならないと感じております。

 最後となりましたが、スタッフを代表いたしまして、開催にあたり御協力、御支援をいただきました多くの市民、県民の皆様に心より感謝を申し上げます。

 また、来年開催予定の「花と緑のぐんまづくり2012in前橋」も、今年の渋川に負けないような素晴らしいものにしたいと思います。

 本当にありがとうございました。

ぐんまちゃん

「みんな、ありがとう-!!」

Published 2011/10/25 -Wrote- miya

秋の青森へ出かけてきました

先日、秋の青森県へ出かけてきました。

朝9時少し前に前橋駅を出発して、1時10分に青森駅へ到着です。新幹線の開通で青森もずいぶん近くなりました。行きは話題の「はやぶさ」です。平日だからか、仙台まではほぼ満席でしたよ。

青森駅からは歩いていけるところに、観光スポットが沢山。左からA.FACTORY、ねぶたの家ワ・ラッセ、メモリアルシップ八甲田丸です。どれも見学したかったのですが、時間の都合で、ねぶたの家ワ・ラッセへ。。

ここは青森なので、ねぶた。青森県には「ねぶた」があるとは昔から知っていました。でも、青森市と弘前市では、呼び名や形が違うと今回初めて知りました。本当は集落の数だけ「ねぶた」はあったそうです。各地で祭りに参加する人が減っているように、ねぶたも少しづつ統合されて行ったのでしょうね。現在有名なところでは                                                              青森市:ねた(横幅が10m近くあり、人物などが立体的に表現されている)                             

弘前市:ねた(扇型)                                                              五所川原:立ちねぶた(高さが22mくらいで、青森と同じで立体的な形) となっているようです。

弘前のねぷた                     五所川原の立ちねぶた

青森駅から歩いてすぐの地下街には市場がありました。これは朝の8時ごろの写真です。 

早朝にもかかわらず、お客さんも沢山いました。お店は、すじこ屋さん、かに屋さん、干物屋さんなど、それぞれ専門があるようでした。                                                   私は、明日も観光するので、干物屋さんでホタテのつまみを買うだけにしましたよ。

青森駅より車で20~30分くらいの場所に「三内丸山遺跡」があります。縄文時代の大集落で、学術的にも価値の高い遺跡だそうです。                                                  平成に入ってから発見されたので、教科書に載っていなかった頃、子どもだった、大人は知らないかもしれませんね。                                                                    今から5500年くらい前に約1500年ほど集落として使われていたそうです。1500年もの間大きな変化もなく続くってすごいことです。かなり、組織力もあったようで、大きな建築物の跡などが発見されています。

ここで、青森市を離れ五所川原市へ。                                                    太宰治と立ちねぶた、冬には津軽鉄道のストーブ列車で有名です。太宰治の実家は青森駅から、川辺駅で乗り換え五所川原駅まで行きます。沿線にはリンゴ畑が広がり、赤い実が沢山実っていました。                                        そこから、津軽鉄道に乗り換え金木駅で降りました。この鉄道、アテンダントが乗車しており、観光客には、名所案内から、周り方まで、案内しています。さすが観光に力を入れているだけありますね。観光客にとってとても心強いサービスでした。

 駅で無料の貸し自転車を借りて、5分。太宰治の生家は、大きな和洋折衷の建物です。太宰治のファンなら涙ものなのでしょうね。たった私一人の為に、ガイドさんが説明してくれましたよ。

この後、五所川原へもどり立ちねぶたの館で見学。                                       そこでは、製作風景も見学が出来ました。閉館間近たっだので、見学者は一人だけでした。                制作者は淡々と製作をしているようでしたが、製作スペースの一角に見つけちゃいました。機動戦士ガンダムの頭部分。これ、実際にねぶた祭りに登場していたそうですよっ。30~40代の男子なら、ましてや、ねぶた職人なら巨大なガンダム、造ってみたくなるんでしょうねぇ。見てみたいなぁ                     残念ながらその写真を撮ってくるのを忘れてしまいました。ごめんなさい。。

五所川原から弘前市へ移動しました。弘前ではやはり弘前城でしょう。                          今年は、築城400年ということで、絶え間なくイベントを実施しているのとこと。                              当日は、菊と紅葉まつりの2日目でした。どちらも少し早かったのですが、植物園では、サエラという2人組のアーティストのコンサートを行っていました。                                             昨年デビューしたばかりとのこと。私は初めて知ったのですが、歌唱力があり聞き入ってしまいました。50代で、お孫さんもいらっしゃるボーカルの菊池由利子さんは、MCも人生のいろいろを経験されているだけあって、深みがあってとても暖かい雰囲気にあふれていました。なかでも、玉手箱という曲には大変感激してしまい、聴いていて涙が出てきてしまいました。                                          津軽民謡や、富山の方の民謡などから、有名な曲のカバーまで、幅広くレパートリーがあって良かったです。主催された、弘前城菊と紅葉まつり運営委員会のみなさま、ありがとうございました。。。。

 

岩木山をイメージした舞台をバックに歌うサエラ。

弘前城 菊まつりの様子

藤田記念庭園:弘前城のすぐ近くにある地元実業家の別邸として建てられたものだそうです。建物、庭ともに見応えのあるりっぱなものでした。ここでは、軽食を頂くことが出来ます。

庭園を眺めながらお昼にカレーを頂きました。

これは、弘前駅に向かう途中に、見つけた洋館です。明治時代にこのような洋館がずいぶん建築されたそうですよ。

まだ、紅葉には早かったけど、暖かい青森の方々に助けられ、青森市、弘前市周辺の見所をばっちり見学することが出来ました。次回はねぶた祭りを満喫したいと思います。岩木山に登って日本海に沈む夕日も見たいなぁ。

 

Published 2011/10/24 -Wrote- piro

雨のち晴れ。明日はついにクロージングセレモニー!!

9月17日から始まった「花と緑のぐんまづくり2011in渋川 花と食のまちなか会場」、
秋雨の季節だったのですが、これまで、土日祝日はほとんど雨が降らずにきました。

しかし本日、10月22日は、あいにくの雨。

雨の会場の様子

 このフェスティバルのクロージングセレモニーを明日に控え、
今日までの36日間、元気に会場を彩ってくれた草花たちへのねぎらいの雨のような気がします。

しかも、明日の天気予報はなんと晴れ!!
イベントにご協力いただいた皆さんの強い思いが雨雲を遠ざけてくれたのかなとうれしく思っています。
会場内の7万株の草花たちには、今日の雨で水分をいっぱい補給してもらい、明日は太陽の下で元気いっぱいに花を開かせてもらいたいですね。

 

さて、このイベントで「もみじのメッセージ」という取り組みをしていたのをご存知ですか?

「がんばろう日本!」をスローガンにかかげて開催してきたこのイベントへお越しいただいた方々、ご協力いただいた方々に、渋川市の木である「もみじ」の葉っぱをデザインしたメッセージカードに震災復興メッセージを書いてもらおうというものです。

このメッセージは、クロージングセレモニーの会場ステージのバックボードに張り出され、ステージを秋をイメージした装いにしています。

もみじメッセージ

もみじメッセージ(小川マキさん)

 

 

 

 

 

 

明日のクロージングセレモニーでは、このもみじに囲まれた会場において、閉会式及びクロージングアトラクションを行います。

アトラクションでは、地元渋川青翠高校吹奏楽部の生徒達、渋川市内のコーラスサークルの皆様、渋川行幸田保育園の子供たちに加え、ポップス尺八のプロ奏者 昌平さんと、前橋市出身のシンガーソングライター 小川マキさんにご出演いただき、演奏や合唱を行います。

多くの渋川市民の皆様にご協力をいただいて開催してきたこのイベントのフィナーレを飾るにふさわしいものになると確信しています。

明日は渋川ネイブルスクエアにおける店舗やスタンプラリーなどのイベントも通常通り開催しています。

このイベントの集大成となる明日の23日、皆様のご来場お待ちしています!

Published 2011/10/22 -Wrote- miya

バスの旅で敷島公園ばら園と鼻高展望花の丘に行ってきました!

10月16日に「ふるさとキラキラバスの旅 吾妻発コース」で

花と緑のぐんまづくり2011in渋川会場と

前橋市にある敷島公園ばら園と

高崎市鼻高町にある鼻高展望花の丘に行ってきました!

まず、午前中は渋川会場へ。

とてもよいお天気で、会場もにぎわっていました。



10月1日~10月23日まで渋川市美術館で展示している青いバラも見てきました。

続いて、午後は敷島公園ばら園に行きました。

現在は秋バラの時期だそうです。

豊富なばらの知識を持つ前橋ばらガイドの会の方に案内していただき、 

楽しみながら園内を散策することができました。

 

 下の写真は、「あかぎの輝き」という名前のバラで、平成20年の「全国都市ぐんまフェア」記念して作られた前橋のばらです。

このバラは、花弁の色が満開になるにつれて黄色→オレンジ→赤と変化するそうです。

 

最後は、鼻高展望花の丘に向かいます。

展望花の丘という名のとおり、丘にあるのでバスで登っていくと、素敵な花の丘が目の前に広がります。

コスモスが見ごろを迎えており、すばらしい景観でした。

他にもアメジストセージなどの花がきれいに咲いていました。



当日は、鼻高町をきれいにする会の方に案内していただきました。

以前は遊休農地だった場所を活用して花の景観づくりを行っているそうです。

たくさんの方々の協力のもとに、この美しい景観が出来上がっているのですね。

鼻高展望花の丘では一年を通じて色とりどりの花が楽しめるそうです。

 

バスツアーはお花づくしで盛りだくさんの一日となりました。

参加者の方々と、ご協力いただいたボランティアガイドの方々には感謝の気持ちでいっぱいです!

どうもありがとうございました。

ご紹介した場所の詳細はこちらです↓

敷島公園ばら園

なお、敷島公園ばら園では10月15日(土)~11月6日(日)までの間、「秋のバラフェスタ」を開催中です!

鼻高展望花の丘

Published 2011/10/19 -Wrote- taka

花緑体験教室 開催中です。

花と緑のぐんまづくり2011in渋川の会場内 エッグホールにて、花緑体験教室を開催中です。

10月10日は、ハンギングバスケット教室と、ガラス絵付け教室の2教室が行われました。

午前中は、ハンギングバスケット教室。

日本ハンギングバスケット協会群馬県支部の方の指導で30名近い方に参加いただきました。

ハンギングバスケット教室

2,000円という参加費だったのですが、とても立派な仕上がり!!皆さん楽しんでいらっしゃいました。

ハンギングバスケットサンプル

 

午後は、ガラス絵付け教室。

渋川市内のガラス工芸美術館の方に御指導いただき、こちらも30名近い参加者です。

小さいお子さんも多く、皆さん、花の生けられるガラス容器に、素敵な絵を描いていましたよ。

ガラス絵付け教室

イベント期間内、様々な教室を実施してきましたが、今度の週末で最後です。

10月15日 10:00~は、リースづくり教室。既に多くの方に予約いただいておりますが、まだ、若干余裕があります。

こんなリースが千円で作れます。

リースサンプル

また、10月16日 10:00~15:30は、押し花しおりづくり教室です。

こちらはなんと無料!で作成でき、お持ち帰りいただけます。定員もありません。

花緑体験教室も今週で最後、ぜひ多くの皆様をお待ちしています!!

Published 2011/10/14 -Wrote- miya

バスの旅で榛名神社へ行ってきました!

10月8日に、花緑施設などを中心とした群馬県の魅力をPRするために実施している

「ふるさとキラキラバスの旅 利根沼田コース」で、

花と緑のぐんまづくり2011in渋川 会場と、榛名神社へ行ってきました!

午前中は、渋川フェスティバル会場へ。

天気も良く、お花もきれいで最高です!

会場の様子

会場の様子

昼食後に、おまちかね榛名神社です。

皆様、榛名神社ってご存じですか?

近年、パワースポットとして、とても人気がありますが、約1400年の歴史のある、群馬県内では有数の神社です。

当日は、ボランティアガイド 小倉さんの案内で、山の中の参道を登りました。

榛名神社 参道

行ったことのある方ならご存じかと思いますが、榛名神社への参道は、山の中の勾配のある道です。

バスの旅に御参加のお客様も、「途中で引き返そうかな」とおっしゃっていた方もいらっしゃったのですが、「口先案内人」を自称するガイドの小倉さんの面白いトークのおかげで、皆さん、全員が無事に榛名神社までたどり着きくことができました。

双龍門

本殿

とうとう到着した榛名神社、「パワースポット」ということに納得してしまいます。

森と岩で囲まれたこのような山の中に、何百年も前にこのような壮大な神社を建設したというのは、「スゴイ!」の一言に尽きます。

参加者の皆様も、楽しんで頂けたのではないでしょうか。

円滑な旅の実施に御協力いただいた参加者の皆様、ありがとうございました。

また、とてもおもしろく、ためになるガイドをして頂いた小倉さん、ありがとうございました。
小倉さんのガイド、本当におすすめです。詳しくは榛名観光協会にお問い合わせ下さい。

最後に、小倉さんにお勧めしていただいた風景を御紹介します。
榛名神社は、一時期、神仏習合の時代があったことから、仏門と鳥居があります。仏門の間から鳥居が見える珍しい風景です。ぜひ、榛名神社に訪れていただき、ご覧になって下さい。

仏門、鳥居

今回のバスの旅のルートは、沼田駅(9時)→渋川会場(9時40分~11時40分)→昼食(11時50分~12時30分)→榛名神社(13時20分~15時30分)→沼田駅(16時30分)というコースでした。

自家用車でも行けますので、ぜひ、皆さんも行ってみてください。

榛名神社の詳細はこちら → 榛名観光協会  榛名神社

                  

Published 2011/10/10 -Wrote- miya

厚木シロコロホルモン ついに登場!

10月8日から10日の3連休で、

あの話題のB級王者「厚木シロコロホルモン」がついに登場です!

初出店時の8日は、B級王者の味をぜひ、食べようと長蛇の列も。

行列

せっかくなので、自分も買って食べてみました。

うわさ通り、美味し~~い(^o^)!

ホルモン

シロコロホルモンの出店は、今日、明日のあと2日。

ぜひ、皆さんも一度味わってください。

Published 2011/10/09 -Wrote- miya

花と緑バージョン ぐんまちゃん 登場!

皆さんご存知の、群馬県のゆるキャラ「ぐんまちゃん」。

2005年の全国キャラクターコンテストで堂々1位になった彼が

10月8日、10日に、ネイブルスクエアに来てくれることになりました。

しかも、今回は「花と緑バージョン」での登場です!

いつもと違って、とってもかわいいですよ~(^^)

最近、いろいろなイベントに出演することが多くなったぐんまちゃんですが、

このバージョンはとてもレアです。なかなか見られません。

ぐんまちゃんとともに、会場でお待ちしています!

ぐんまちゃん

Published 2011/10/08 -Wrote- miya

【緊急告知】 富士宮焼そばの出店が決定しました!

皆さんに緊急告知です。

あの初代B級王者 静岡県富士宮市の「富士宮焼そば」の出店が決定しました!

平成23年10月15日(土)の一日のみ限定。

渋川ネイブルスクエアにて午前10時~3時まで販売します。

なくなり次第、終了となりますので、ご注意を。

群馬ではめったに食べられません。ぜひ、皆さんこの機会に味わってください。

Published 2011/10/07 -Wrote- miya

第8回 2011県民参加フェスタへ行ってきました

10月1日(土)、2日(日)に、観音山ファミリーパークにて、「第8回 2011県民参加フェスタ」が開催されました。

 私は1日に会場を訪れてきました。

ステージでは、ダンスや着物の着付け、楽器の演奏など、たくさんの出演がありとても賑わっていました!

 

 

お腹がすいてきたところで、屋台村へ!

ブラジル料理や群馬の名産“焼きまんじゅう”のなど、おいしそうな屋台が並んでいました。

 

夜になるとだいぶ冷え込んできました。

すっかり秋だなと感じながら、ステキなジャズの演奏・ベリーダンスを楽しんできました!

 

参加してくれたみなさま、遊びにきてくれたみなさま、ありがとうございました(^^)

 県民参加フェスタは終わってしまいましたが、いつでも公園に遊びにきてください★

Published 2011/10/06 -Wrote- HARU
  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >