沼田まつりが熱い!!

8月3日から群馬県沼田市で開催されている「沼田祭り」に行ってきました!

地元の方からは「おぎょん」と親しまれているこのお祭り。

実は400年も歴史のある由緒あるお祭りです。

お祭りには、多くのおみこしや、「まんどう」と呼ばれる山車、千人踊りなど、様々な催しがあり、とても賑わっていました。

まんどう

総勢10台のまんどう勢揃い。圧巻です!

 

千人踊り

多くの方により「沼田音頭」を踊ります

 

なんといっても「沼田祭り」と言えば「天狗みこし」です!

天狗御輿

顔の丈4.3メートル、幅2.3メートル、鼻の高さ2.9mという大きな天狗のお面をみこしにし、市内を練り歩きます。また、実はこの天狗みこし、女性しか担げません。

さすが、「かかあ天下と空っ風」の上州らしいというところでしょうか。元気があって、素敵な女性が担いでいましたよ(^^)

ちなみに、この天狗みこし、担ぎ手を募集していますので、申し込めば参加できます!詳しくは沼田市のホームページをご覧下さい。

沼田祭りも、今日で最後、クライマックスです。ぜひ、熱い沼田の夏を実感してみませんか?

沼田市ホームページ:http://www.city.numata.gunma.jp/

Published 2011/08/05 -Wrote- miya

被害はなかったですか?

いつもはキラキラと光って流れる利根川も、

新潟、福島を襲った豪雨の影響でこんな姿です。

川岸の木々も水に浸かってしまいました。

 

群馬は他県に比べて災害が少ないと言われていますが、

日頃の県民のみなさまの備えがよいからでしょうか。

これから台風の季節になりますが、くれぐれもお気を付け下さい。

Published 2011/08/01 -Wrote- hana

こんな道具、良いんじゃない?

昨日東京へ出かけてきました。そこで見つけたのがこれ。

街路灯の下にハンギングバスケットがついているのですが、水をあげるホースがついています。高いところのハンギングは水やりが大変って思っていましたが、こんな設備があるのかと感心してしまいました。

全景はこんな感じでした。

Published 2011/08/01 -Wrote- piro

青森県に行ってきました!

東北新幹線が新青森駅まで開通したので、群馬県からも約5時間程で到着しました。

今年築城400年を迎えた弘前城は、津軽統一を成し遂げた津軽為信によって慶長8年(1603)に計画され、慶長16年(1611)に完成した後、津軽氏の居城として廃藩に至るまでの260年間津軽藩政の中心地だったそうです。

樹齢約120年の「日本最古で幹周日本一のソメイヨシノ」です。

このほかにも、弘前公園内にはシダレザクラ、八重桜など約2600本余りの桜が

春になると園内を埋め尽くすそうです。

青森・弘前の佞武多と並んで有名な五所川原市の巨大立佞武多立佞武です。

なんとその高さは約22mもあります!

道路の広さを活かして横に大きい青森の佞武多に対して、

五所川原市では電線などを地中化して、高い佞武多が練り歩くことを可能にしたそうです。

一言に佞武多祭りと言っても地域毎に色々な特徴があるようです。

太宰治の生家「斜陽館」です。

大地主だった太宰治の父・津島源右衛門が建築した宅地約680坪の豪邸です。

現在の貨幣価値に換算すると時価数億円の価値があるとか・・・・。

斜陽館の内部         太宰治が愛用していたマント

Published 2011/07/26 -Wrote- Yuu