今年も一年お世話になりました。

早いもので、今年もあと数日です。私たち日本人にとっては、大変な一年でしたね。震災が無かったら今頃はもっとのんきにしていられたかもしれないと、ため息をつきたくなる時もありますが、変わっていく世の中に流されながら自分なりに前に進みたいと思ってきました。

4月になって花緑行政に携われることになり、花緑を通じて世の中を元気にしたいと日々過ごして参りましたが、花と緑のぐんまづくり2011in渋川やバスの旅、花緑教室等、様々なイベントでお会いできた皆様の笑顔に、こちらが元気を頂きました。来年も様々なイベントでお会いできることを楽しみにしています。

本年も、群馬県の花緑行政へのご理解とご協力を頂きどうもありがとうございました。      そして、来年もどうぞよろしくお願いします。

Published 2011/12/27 -Wrote- piro

サポーターズクラブ交流イベント

2011年の締めくくりに「ふるさとキラキラサポーターズクラブ」の交流イベントが開催されました。会場は敷島公園のバラ園の一画。この日の前橋は最高気温が10度に届かない寒い1日でしたが、70名の方に参加していただきました。

第一部はフラワーデザイナー外所 亨さんによるバラを使ったフラワーアレンジのデモンストレーションです。身近にある材料を花器にして、魔法のように次々とすばらしいアレンジが繰り広げられました。

 

 

 

 

 

 

このすてきな作品はすべて、イベント終了後に抽選で参加者にお持ち帰りいただきました。

 

 

第2部はクリスマスの寄せ植えです。講師は菅澤敏子先生です。

男性会員のかたもずいぶんたくさんいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

このような楽しいイベントを開催できたのも、ボランティアとしてお手伝いいただいた「花みどりサポーターズ敷島」の皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。

 

Published 2011/12/17 -Wrote- hana

ストライダーKFPグランプリ

12月4日(日)にストラーダーKFPグランプリへ行ってきました。9時過ぎに観音山ファミリーパークへ到着しました。県外ナンバーも多く駐車場に止まっています。会場にはテント持参で応援する家族もいましたよ。

開会式が始まりいよいよレース開始です。

初めてストライダーのレースを見たのですが、小さい子どもが、かなり本格的なレーサーとなっていて格好良かったですよ。

Published 2011/12/07 -Wrote- piro

ストライダーレース

12月4日(日)のストライダーレースに参加する子どもたちを連れ、観音山ファミリーパークへ練習に行ってきました。今週末にレースが迫っているため、平日の夕方4時に観音山ファミリーパークへ到着。もう日が陰っている中、必死に練習を始めました。

初めてストライダーに乗る2人。両足を使って地面を一生懸命蹴っています。乗り始めは地面から足を離すのが怖かった2人ですが、しばらく乗るとやっと両足を離すことができました。(でも一瞬)

レースコースを見学。なかなか本格的なコースです。2人は、4日に無事完走出来るでしょうか?・・・・(コースの詳しい紹介は観音山ファミリーパークのブログで紹介しています)

http://kannonyamafamilypark.gunmablog.net/e208026.html

なんて心配している私を置いて2人はどんどんとストライダーに乗って・・・・。

向かったところはふわふわドーム。しばらく2人でぴょんこぴょんこ飛び跳ねていました。練習を始めたときからふわふわドームへ行こうって狙っていたようです。(5歳児でもしっかりしてます)

1時間ほど練習を終えてサービスセンターへ向かう頃にはすっかり日が落ちて暗くなりました。よく頑張ったね。夕暮れで引率者は寒かったけど、子どもたちはコートを脱いで、「暑いよ~っ」て言っていましたよ。

Published 2011/12/01 -Wrote- piro

花のゆりかごプロジェクトinぐんまフラワーパーク

 群馬県では「花のゆりかごプロジェクト」という取り組みをしています。

 県内の農業高校やNPOの方などの協力により、県民の方や子供たちに、種から育ててもらった花を地域や自宅に植え付け、街も自宅も花で美しくしていこうという取り組みです。

 今回、群馬県内随一の花と緑のテーマパーク「ぐんまフラワーパーク」の協力により、前橋市立宮城小学校の子供達に花を育ててもらいました。

 今回の育てる花はパンジーです。県立勢多農林高校の先生、生徒の皆さんの指導により、9月に種まきを、10月に鉢上げを行いました。 

種まき講習会の様子

種まき講習会

鉢上げ講習会の様子
鉢上げ講習会
 そして、今回、11月21日に、見事に育ったパンジーの苗をフラワーパークに植え付けました。
 今年一番の寒い日だったのですが、ボランティア団体「花緑サポーターズクラブ敷島」の皆さんの御協力により、宮城小学校の5年生のみんなで一生懸命植え付けました。
 植え付け状況
 まだ、花はちらほらとしか咲いていませんが、今度の春には、子供達が育てたパンジーが、花壇いっぱいに咲く予定です。
 今回の宮城小学校のみんなの元気な様子を見ていると、春に元気いっぱいに咲き誇るパンジーの様子が目にうかびます!
花壇の様子
 また、今回、宮城小学校の子供達が育ててくれた花は、フラワーパークだけでなく、宮城小学校の校庭や、小学校周辺の道路脇にも植えられる予定です。
 ぜひ、春にフラワーパークにいらっしゃった際は、宮城小学校の子供達の花壇をご覧になってくださいね(^^)。
Published 2011/11/24 -Wrote- miya

野鳥の森ガーデンへ行ってきました

11月9日に館林市の茂林寺近くの、野鳥の森ガーデンへ行ってきました。開園してから6年なので、知らない方もいらっしゃるかもしれませんね。もともとは、ゴルフのショートコースだったそうで、その頃からの樹木を残しているため、風格ある桜などがたくさんありました。桜の季節には、芝桜が咲き始めるので、地面も木々もピンクに染まるそうですよ。

ここが一面ピンクの芝桜になるそうです。また、奥に見えるのが、桜の木です。

今はちょうど秋バラの季節でした。

可憐に秋のバラが咲いていましたよ。ここでは、バラの下には様々な宿根草を植えています。来秋には、秋に魅せるガーデンも計画中で、より見所が増えそうな野鳥の森ガーデンです。

http://www.sibazakura.com/

Published 2011/11/10 -Wrote- piro

秋の青森へ出かけてきました

先日、秋の青森県へ出かけてきました。

朝9時少し前に前橋駅を出発して、1時10分に青森駅へ到着です。新幹線の開通で青森もずいぶん近くなりました。行きは話題の「はやぶさ」です。平日だからか、仙台まではほぼ満席でしたよ。

青森駅からは歩いていけるところに、観光スポットが沢山。左からA.FACTORY、ねぶたの家ワ・ラッセ、メモリアルシップ八甲田丸です。どれも見学したかったのですが、時間の都合で、ねぶたの家ワ・ラッセへ。。

ここは青森なので、ねぶた。青森県には「ねぶた」があるとは昔から知っていました。でも、青森市と弘前市では、呼び名や形が違うと今回初めて知りました。本当は集落の数だけ「ねぶた」はあったそうです。各地で祭りに参加する人が減っているように、ねぶたも少しづつ統合されて行ったのでしょうね。現在有名なところでは                                                              青森市:ねた(横幅が10m近くあり、人物などが立体的に表現されている)                             

弘前市:ねた(扇型)                                                              五所川原:立ちねぶた(高さが22mくらいで、青森と同じで立体的な形) となっているようです。

弘前のねぷた                     五所川原の立ちねぶた

青森駅から歩いてすぐの地下街には市場がありました。これは朝の8時ごろの写真です。 

早朝にもかかわらず、お客さんも沢山いました。お店は、すじこ屋さん、かに屋さん、干物屋さんなど、それぞれ専門があるようでした。                                                   私は、明日も観光するので、干物屋さんでホタテのつまみを買うだけにしましたよ。

青森駅より車で20~30分くらいの場所に「三内丸山遺跡」があります。縄文時代の大集落で、学術的にも価値の高い遺跡だそうです。                                                  平成に入ってから発見されたので、教科書に載っていなかった頃、子どもだった、大人は知らないかもしれませんね。                                                                    今から5500年くらい前に約1500年ほど集落として使われていたそうです。1500年もの間大きな変化もなく続くってすごいことです。かなり、組織力もあったようで、大きな建築物の跡などが発見されています。

ここで、青森市を離れ五所川原市へ。                                                    太宰治と立ちねぶた、冬には津軽鉄道のストーブ列車で有名です。太宰治の実家は青森駅から、川辺駅で乗り換え五所川原駅まで行きます。沿線にはリンゴ畑が広がり、赤い実が沢山実っていました。                                        そこから、津軽鉄道に乗り換え金木駅で降りました。この鉄道、アテンダントが乗車しており、観光客には、名所案内から、周り方まで、案内しています。さすが観光に力を入れているだけありますね。観光客にとってとても心強いサービスでした。

 駅で無料の貸し自転車を借りて、5分。太宰治の生家は、大きな和洋折衷の建物です。太宰治のファンなら涙ものなのでしょうね。たった私一人の為に、ガイドさんが説明してくれましたよ。

この後、五所川原へもどり立ちねぶたの館で見学。                                       そこでは、製作風景も見学が出来ました。閉館間近たっだので、見学者は一人だけでした。                制作者は淡々と製作をしているようでしたが、製作スペースの一角に見つけちゃいました。機動戦士ガンダムの頭部分。これ、実際にねぶた祭りに登場していたそうですよっ。30~40代の男子なら、ましてや、ねぶた職人なら巨大なガンダム、造ってみたくなるんでしょうねぇ。見てみたいなぁ                     残念ながらその写真を撮ってくるのを忘れてしまいました。ごめんなさい。。

五所川原から弘前市へ移動しました。弘前ではやはり弘前城でしょう。                          今年は、築城400年ということで、絶え間なくイベントを実施しているのとこと。                              当日は、菊と紅葉まつりの2日目でした。どちらも少し早かったのですが、植物園では、サエラという2人組のアーティストのコンサートを行っていました。                                             昨年デビューしたばかりとのこと。私は初めて知ったのですが、歌唱力があり聞き入ってしまいました。50代で、お孫さんもいらっしゃるボーカルの菊池由利子さんは、MCも人生のいろいろを経験されているだけあって、深みがあってとても暖かい雰囲気にあふれていました。なかでも、玉手箱という曲には大変感激してしまい、聴いていて涙が出てきてしまいました。                                          津軽民謡や、富山の方の民謡などから、有名な曲のカバーまで、幅広くレパートリーがあって良かったです。主催された、弘前城菊と紅葉まつり運営委員会のみなさま、ありがとうございました。。。。

 

岩木山をイメージした舞台をバックに歌うサエラ。

弘前城 菊まつりの様子

藤田記念庭園:弘前城のすぐ近くにある地元実業家の別邸として建てられたものだそうです。建物、庭ともに見応えのあるりっぱなものでした。ここでは、軽食を頂くことが出来ます。

庭園を眺めながらお昼にカレーを頂きました。

これは、弘前駅に向かう途中に、見つけた洋館です。明治時代にこのような洋館がずいぶん建築されたそうですよ。

まだ、紅葉には早かったけど、暖かい青森の方々に助けられ、青森市、弘前市周辺の見所をばっちり見学することが出来ました。次回はねぶた祭りを満喫したいと思います。岩木山に登って日本海に沈む夕日も見たいなぁ。

 

Published 2011/10/24 -Wrote- piro

第8回 2011県民参加フェスタへ行ってきました

10月1日(土)、2日(日)に、観音山ファミリーパークにて、「第8回 2011県民参加フェスタ」が開催されました。

 私は1日に会場を訪れてきました。

ステージでは、ダンスや着物の着付け、楽器の演奏など、たくさんの出演がありとても賑わっていました!

 

 

お腹がすいてきたところで、屋台村へ!

ブラジル料理や群馬の名産“焼きまんじゅう”のなど、おいしそうな屋台が並んでいました。

 

夜になるとだいぶ冷え込んできました。

すっかり秋だなと感じながら、ステキなジャズの演奏・ベリーダンスを楽しんできました!

 

参加してくれたみなさま、遊びにきてくれたみなさま、ありがとうございました(^^)

 県民参加フェスタは終わってしまいましたが、いつでも公園に遊びにきてください★

Published 2011/10/06 -Wrote- HARU

雨の尾瀬

片品村が募集した尾瀬ツアーに参加してきました。

至仏山登山、尾瀬ヶ原の散策、アヤメ平の散策の3コースから選べ、わたしは尾瀬ヶ原のコースに

参加しました。ひとつの班は6,7人で、ひと班にひとり、山岳ガイドの方が同行してくださり、

植物の名前や、鹿の通り道、熊が水芭蕉を食べたあとなども教えてもらいました。

尾瀬が初めてという方でも安心して参加できるツアーです。

 

 雨の中も元気に歩けるよう、身支度しましょう。

 

 

 

   7月の末の大雨で、あちこちで大きな木が根本から倒れ、

   川をせき止めてしましました。

   行き場のなくなった水が木道のほうに流れ込み、一部では

   濁流に木道が流されてしまったそうですが、すでに新しい

   木道が設置されていました。

  中央に見える鮮やかな色の荷物を背負った人は

  尾瀬ヶ原を行く「ボッカさん」です。

  山小屋に食料や日用品を届けてくれる人です。

  この日の荷物の重さは7,80キロとのことでした。

 

   これはヒツジグサ。

   行きにはつぼみだったのに、帰り道ではたくさんの

   かわいい花を見ることができました。

    

   あいにくの雨でしたが緑が美しく、静かで豊かな時間を過ごすことができました。

Published 2011/08/29 -Wrote- hana

前橋公園でのチャリティーイベントに行ってきました!

8月13日(土)に前橋公園で開かれた「こころひとつ。響け!日本 前橋の絆」の東日本復興チャリティーイベントへ出かけてきました。                                                      午後4時半から「トイレの神様」でおなじみの植村花菜さんとスターダストレビューの根本要さんがアコースティックライブを行うと聞き、生で聞けるチャンスとばかりに、暑い中、前橋公園へ向かいました。                       午後4時ごろ、会場に着くと、午前中からライブ待ちをしていた頑張り組もいたので、立って見える範囲は人でいっぱいでしたが、少し高くなっているところから座るとちょうどアーティストの顔が見える場所が空いていたので、そこから生ライブを楽しんできました。                                                ビールを飲んだり、こどもが走り回ったりでのんびりした雰囲気の中、ちょっとご先祖様のことを思い出しながらトイレの神様を聞いたり根本要さんのMCに笑ったり、なんだかとても得した気分になりました。根本さんは有名な曲を外さずに歌ってくれたので、スターダストレビューを知らない人でも楽しめたのではないかと思います。残念ながら撮影禁止でしたので、写真が無くてすみません。                                     ライブが6時すぎに終わると、聖歌隊や、陸上自衛隊12音楽隊のコンサート、復興支援メッセージキャンドル5000個の点灯と、夏の夕暮れに清らかな空気が流れていました。                            最後は、15分間の花火。前橋の四季をイメージしたという花火は、豪華で、とてもきれいでした。        秋の運動会をイメージした花火では三三七拍子のリズムで打ち上げられ、観客のみんなで三三七拍子を打ち、大喜びしましたよ。

        

陸上自衛隊12音楽隊の演奏

      

5000個のキャンドルの灯り

 

Published 2011/08/15 -Wrote- piro