秋の花緑体験教室 

平成30年9月8日(土)

花と緑のぐんまづくりin吉岡の続編として開催した花緑体験教室!

当日の様子を報告します♪

会場は吉岡町の『道の駅よしおか温泉』特設会場。

曇り空ですが、猛暑もおさまりガーデニングにはもってこいの陽気となりました。

スタッフが着ているお揃いのはっぴが、会場の雰囲気を盛り上げてくれています。

 

 

ハンギングバスケットや寄せ植えなどの土を使う教室は、道の駅前に設営したテントの下、

カラーサンドやハーバリウム教室は室内で。

4教室(①寄せ植え、②カラーサンド、③ハンギングバスケット、④ハーバリウム)とも満員御礼の大盛況でした。(*^_^*)

 

 

こちらは寄せ植え教室の作品。

ジニアやケイトウ、ペンタスやマリーゴールドなど

晩秋まで長く咲き続けるラインナップです。

ボリュームがあって素敵ですね。

 

 

今回初お目見えの「カラーサンド教室」に

実際に参加して体験してみました。

前回のブログで手順はお知らせしてあるので、

今回は講師の先生から聞きかじった材料の説明を少々。

カラーサンド教室で使用した材料の中の

手前の白い粒状の砂は「ゼオライト」という名前で

海や湖の底に堆積した天然の多孔質構造の鉱物です。

脱臭や水質浄化などの効果があり、水耕栽培やハイドロカルチャーにも使われます。

無機質のカラーサンドを使用して、土は全く使わない今回の植え込みには

浄化作用のあるゼオライトは無くてはならない存在。

水が腐るのを防いでくれるそうなんです。

 

植え込みに使ったのはこちらの4種類の植物。

「怪魔玉」やら「小天狗」やら

なんだかおどろおどろしい名前ですが

個性的な可愛らしい子達ばかりでした。

日陰に強くて丈夫な種類をチョイスしてあるそうです。

 

そしてようやく完成♪

途中『砂を入れ過ぎた~~!』・・・とか、「色を間違えた~~!」・・・とか

慌てた声が飛び交っていましたが

砂の入れ方で模様が違うので、砂を入れすぎても、色を間違えても

ひとりひとり個性が際立って面白い!

一番上には水で固まる砂が入っているので

一度水を容器いっぱいに入れれば、模様が崩れる心配はありません。

 

小さなお子さんでも遊び感覚で作業が出来

なおかつ、見た目も可愛らしいカラーサンド植え。

とても楽しく体験させて頂きました。

 

 

作業の後は、希望者にチェキで記念写真撮影・・・という心憎いプレゼントも!

ツイッター風の枠組みが可愛いですね。

 

今回体験教室にご参加頂いた「ふるキラサポーターズクラブ会員」の皆様には

花苗(ニチニチソウ)プレゼントの特典がありましたよ。(嬉)

 

カラーサンド教室の後

ハンギングバスケットとハーバリウムの教室がありましたが

そちらの紹介はまた後ほど。

 

 

寄せ植えやハンギングバスケットを作りたいと思っても

「何処で習えば良いの?」

「予算はいくらくらい掛かるのかしら?」

・・・と二の足を踏んでいる方にとって

体験教室は一番の近道だと思います。

次回開催の折は、是非ご参加下さい。

 

Published 2018/09/13 -Wrote-